賃貸の名義貸しとは

賃貸の名義貸しと又貸し

トップ / 賃貸の名義貸しと又貸し

賃貸物件の名義貸しは断ること

アパートなどの賃貸物件を、収入がないことや反社会的な職業であるなどの理由で借りることのできない人が、他人の名義で契約を結びその物件に住むことがあります。このような行為は名義貸しと呼ばれ、名前を貸して契約をした人はトラブルに巻き込まれることがあります。例えば、賃貸物件に実際に住んでいる人物が家賃を支払わなかった場合、貸主が名義人に家賃の支払いを求めてきます。また、住んでいる人物が犯罪を犯してしまった場合にも巻き込まれてしまう可能性があります。このようなトラブルに巻き込まれる可能性があるので、どんなに親しい人に名義貸しを頼まれたとしても断りましょう。

名義貸しというものについて

賃貸マンションなどを借りるときに名義貸し、というものがあります。要するに名前を貸すわけです。決して悪いことではなく、例えば、子供が借りるときにその子供では契約できないことがあります。そんなときに使うことがあります。子供といっても大学生とか高校生が学校に通うためにそうすることをしていることが多いです。ですから、それほど心配するようなことではありませんから、賃貸の名義貸しでも、安心して利用して大丈夫です。ちなみに、又貸しとはまったく意味が違いますし、又貸しは禁止されているところが殆どですから、注意が必要であるといえます。

賃貸名義についての情報