メゾネットの賃貸

二階のある賃貸マンション

トップ / 二階のある賃貸マンション

賃貸マンションで一戸建て気分

賃貸マンションの部屋の形式で、2層以上で一戸を構成しているものを複層住戸形式といいます。これは、一般的にメゾネットといわれています。二階建ての一戸建てのように、一戸の室内に、上の階と下の階があり、階段がついています。そのため、立体的な空間構成が可能です。例えば、玄関のあるフロアをリビングにして、上や下のフロアに寝室を配置したりすることも出来ます。プライベートの空間を分けることが出来るので、快適な住空間を得ることが出来ます。一戸建てに近い間取りが可能なメゾネットは、賃貸マンションでも、一戸建てに住んでいる気分が味わえます。

メゾネットの魅力とは

賃貸を借りる上で、近年よく見かけるメゾネットタイプ。これは、2階以上で1住戸を構成しているアパートやマンションを指します。メゾネットの魅力は、上下の騒音を気にしなくて良い所ですよね。通常は上下階同士で、足音や物音が気になるなど音のトラブルが多くなってしまうので下の階の人に気にせず生活する事ができます。お子様がいる家庭はどうしても静かに過ごすのは難しいですから、ご家族向けの賃貸物件です。逆に上の階の騒音を気にしなくても良いのでメリットは大きいのではないでしょうか。ちなみに、一部では庭付きのものが存在するケースもありますから非常にお得ですよね。

賃貸名義についての情報