賃貸名義の変更は

賃貸物件の名義について

トップ

賃貸物件の名義変更の方法とは

土地や家などの所有者を変更する時に手続きを行う名義変更をする時に賃貸物件の契約の場合は、現在入居契約している人が退去する時に一旦契約を解除したあとに敷金の精算を行い、傷や汚れがあった場合は支払いを行ったあと、次に入居する人と契約を結ぶのであります。この方法を行う事によって支払い義務があるという責任の所在をはっきりさせる事ができるため、仮に家賃が未払いの状態になった時や修繕費の支払いを行う時に特定の人がすぐにできるメリットがありますが、複雑な契約内容を再確認しなければならいないので手数料などがかかるというデメリットがあります。このように賃貸物件の名義変更とは、入居者が入れ替わる時に行われるのであると言えます。

不動産の名義変更の注意点

資産としての不動産の運用には、具体的な運用方法や手続きについての知識が必要となります。小規模の賃貸経営などで、自らその手間をかける事が出来る場合はよいのですが、そのほかの場合では、業者などの専門家に委託する方法が一般的です。そのときに問題となるのが、不動産の名義です。不動産に関する権利も義務も、この名義を基準にして行われます。賃貸の委託経営から発生する義務を避けるためには名義変更をしておく事が有効ですが、所有者としての権利を保存するために、契約上は所有権を留保するなどの措置を講じておく事が必要なのです。

賃貸名義についての情報